アクションカメラ

ThiEYE T5 Proを水中て使えるように改良!

目安時間 4分
アクションカメラを改良しました。

 

このアクションカメラは、メーカーがThiEYE(ティアイ)のT5 Proと言う商品です。

 

いろいろ調べた結果購入したカメラなので
大変気に入って使っています。

 

ただ、海に入れるとWi-Fiの電波が届かなくて、

スマートフォンでリアルタイムで見ることができないのが残念ですね。

 

アンテナ線を繋げば見れるようになるのですが、
さすがに使い勝手が悪くなるので断念いたしました。

そこで、海にいれて撮影する時は、スイッチをオンにして
録画の状態で撮影しています。

 

リアルタイムにこだわったのですが、最終的には断念という

全く根性のない結末でごめんなさい(^^;)

はじまるよ~

アクションカメラThiEYE T5 Proを水中仕様に変身

材料

1⃣防水懐中電灯

2⃣ひと回り小さいブックエンド(95㎜x70㎜)(ダイソーで)

3⃣DVDケース

4⃣結束バンド

5⃣M5のステンレスボルト、ナット(2set)&平ワッシャー

6⃣ステンレス線

 

作り方

 

1⃣ブックエンドにカメラをセットするための6㎜程の穴を明ける。

2⃣次に防水懐中電灯を結束バンドでとめる穴を4か所に開ける。(結束バンドが通る大きさ)

3⃣DVDケースを100㎜x190㎜で切って写真のような位置に6㎜程の穴を明ける。

お疲れさまでした。加工はここまでです。

 

あとは写真のように

4⃣2DVDケースにブックエンドをのせてその上にカメラをのせて、2本のM5のステンレスボルト、ナット&平ワッシャーでしっかり固定します。

5⃣防水懐中電灯を結束バンドでしっかり固定します。

6⃣最後にステンレス線でカメラをつるせるようにブックエンドに巻き付けて終わりです。

DVDケースですが、分かりづらくて申し訳ありませんが

こちらは防水懐中電灯がブックエンドに固定できるように、カッターやハサミを使って逃がしてください。

また、このDVDケースは水中に入った時にアクションカメラが、くるくる回らないようにつけたものです。

軽く済まそうとして考えた苦肉の策です(^^;)

 

きっともっと簡単に安くて軽いものがあると思うのですが、あったら是非教えて頂ければ幸いです。

 

 


 この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: